業界トレンド

レコードブームに乗り「専門店」復活

2009年、アナログレコードの生産枚数は10万2,000枚とCDによって大きく落ち込んだ。このままレコード市場は衰退していくと思われたが、2010年以降持ち直し2021年には約190万枚を生産した。

現在はCDに替わってネットから好きな音楽を手軽に入手できる時代だが、レコード人気は衰えていない。レコードブームは既存の「オーディオ専門店」復活を遂げた。

‎‎日本レコード協会によると、アナログレコードの生産枚数は2009年の10万2,000枚を底に市場は上向き始めた。その後じわじわと伸び2012年には約45万枚、2021年には約190万枚と、ドン底の2009年と比べると18倍以上の規模に復活した。

中古レコードの存在もレコード復活に欠かせない要因になっている。そのきっかけが2012年11月、世界的に発売されたビートルズのアナログバージョンのリリースだ。予想外の大ヒットとなってレコードの存在感を高め、オリジナルの中古レコードのブームを世界中に広げた。

大手カメラ量販店でもレコード販売に力を入れる

オーディオショップを復活

ネットでも中古レコードの販売は広がり、欧米ではアマゾンやイーベイなどの大手通販が中古レコードを販売。世界で最も有名なレコードのオンライン売買サイト「ディスコグス」では5億枚以上のレコードやCDをアップ。中でも中古レコードの売買が盛んだという。

日本でも中古レコードの中小店がオンラインショップを開設したり、大手の「楽天市場」や「アマゾンジャパン」が中古レコードの販売に注力するなど、中古レコード市場はリアル、オンラインとも年を追うごとに伸びている。

レコード市場の活況を受け、近年ではあえてCDではなくレコードでしか新譜をリリースしない新人やベテランの人気アーティストが増えていることもレコード復活の要因になっている。

こうしたレコードブームに目を付けてアナログオーディオを復活させた店がある。島根県松江市に店を構えるのオーディオ&ビジュアルショップ フクダ(島根県松江市、岡英司店長)である。

フクダの店舗外観

きっかけとなったのは6年前、山陰地区の大型商業施設で開催されたイベント「アナログレコード即売会」の出展である。即売会にやって来たレコードファンに、岡氏はアナログオーディオの楽しさ、素晴らしさを懇切丁寧にアドバイスした。

そのアドバイスがレコードファンのハートをつかみ、イベント終了後は「フクダ」店舗に足しげく通うようになる。「これは行ける」と考えた岡氏はアナログレコードをメインとしたイベントを次々と企画し、オーディオ機器の販売に結び付けた。

レコード2,000枚を揃えるイベントも

毎年12月に開催する「ダイナマイトセール」では、アナログプレーヤーの特設コーナーを開設し、J-POPやジャズ、ロック、歌謡曲などの中古レコードを販売。毎年2月と8月には中古CDとアナログレコードの即売会を実施。中古レコードは専門業者と提携し2,000枚を揃える。

アナログレコードはイベント時だけでなく店舗でも常時300枚ほど揃え、月に1度シャッフルして提供しているほど力を注いでいる。

「ターゲットは40代〜50代のアナログオーディオの体験があるユーザー。お陰さまでアナログレコードを聴いてもらうことによって、休眠客や新規客が店に来てくれるようになり、若い世代のお客も増えている」(岡氏)。レコードブームに乗り、同店の年商も約8,000万円にアップした。

八巻 潔

八巻 潔

投稿者の記事一覧

株式会社ブレインズ代表
1979年「電波新聞社」に入社。
1996年家電・IT関連の出版社「リック」に入社。
「技術営業」「IT&家電ビジネス」編集長を経てリック専務取締役。
「ヤマダ電機に負けない 弱者の戦い方」(2008年)「家電製品アドバイザー試験 早期完全マスター」(2001年~2013年)などを出版。
2014年家電業界のジャーナリスト&コンサルタントとして独立。
2016年株式会社ブレインズ設立。

関連記事

  1. 秋冬商戦「調理家電」の目玉とは
  2. セコマに学ぶ真の「地域密着経営」とは
  3. 三菱、テレビ事業を大幅に縮小
  4. テレビ市場が変わる
  5. 薄型テレビ「販促手法」に変化
  6. 気象災害と「蓄電池」
  7. 「新型コロナウイルス検定」で安心と笑顔を
  8. コロナ禍で急伸の意外な商品とは

地域店ドットコム運営元

株式会社ブレインズ

ブレインズのコンサル

地域店 コンサルティング

おすすめ記事

前代未聞の合展&バスツアー

売上目標0円、合展ではなく勉強会に1月29日、全国津々浦々から地域家電店の精鋭80以上の店…

最近の投稿

PAGE TOP