業界トレンド

コロナ禍で急増するエアコンメンテ

ダイキン工業が今年3月に調査した「コロナ禍における冬のエアコン使用実態」によると、エアコン使用時間は昨冬と比べ平均で5.8時間から8.5時間と大幅に増加した。

調査結果を詳しく見てみると、週に3日以上在宅勤務をした人の使用時間は5.15時間から9.28時間と4.13時間(180%)も増加した。在宅勤務した世帯のエアコンは、例年の約2シーズン分に近い運転をしていたことになる。

その結果、今春は室内機内部のエアフィルターへのホコリの堆積、熱交換器への汚れの付着などは例年よりも増えていると予想される。

ホコリや汚れをそのままにして夏を迎えると、電気代の増加や不快なニオイの発生につながるからだ。

不快なニオイがトップ

今春は例年以上にエアコンクリーングサービスが活発に

エアコン使用再開時に経験したトラブルの調査では、トップは「不快なニオイ」(52.7%)、2位「冷えない・暖まらない」(31.4%)、3位「吹き出し口周辺やフィルターのカビ」(24.3%)、4位「水漏れ」(16.4%)の順となった。

コロナ禍で大幅に増加した今冬のエアコン利用時間。4月〜6月上旬にかけて、エアコン商戦序盤戦での「エアコン点検サービス」や「エアコンクリーニングサービス」は例年にない活況を呈しそうだ。

八巻 潔

八巻 潔

投稿者の記事一覧

株式会社ブレインズ代表
1979年「電波新聞社」に入社。
1996年家電・IT関連の出版社「リック」に入社。
「技術営業」「IT&家電ビジネス」編集長を経てリック専務取締役。
「ヤマダ電機に負けない 弱者の戦い方」(2008年)「家電製品アドバイザー試験 早期完全マスター」(2001年~2013年)などを出版。
2014年家電業界のジャーナリスト&コンサルタントとして独立。
2016年株式会社ブレインズ設立。

関連記事

  1. 家電業界、次世代住宅ポイントに活路
  2. コロナを理由に解雇
  3. 都市型量販は惨敗でも地域店は健闘
  4. ソロ家電の時代
  5. シャープ「マスク」の次の一手
  6. 地方活性化のカギを握る「第三の人口」
  7. 「新型コロナウイルス検定」で安心と笑顔を
  8. いまだ紙ベース、遅れる病院の電子化

地域店ドットコム運営元

株式会社ブレインズ

ブレインズのコンサル

地域店 コンサルティング

おすすめ記事

前代未聞の合展&バスツアー

売上目標0円、合展ではなく勉強会に1月29日、全国津々浦々から地域家電店の精鋭80以上の店…

最近の投稿

PAGE TOP