業界トレンド

上半期は5.6%前年を上回る

GfKジャパンは8月22日、全国の有力家電・IT取扱店の販売実績データなどを基に2021年上半期(1-6月)の家電の販売動向を発表した。

それによると、家電小売市場規模は、前年同期を5.6%上回った。1~2月は前年から続く巣ごもり需要、テレワーク需要が押し上げ要因となった。3~5月は前年が新型コロナウィルス感染拡大に伴う外出自粛や店舗の休業・時短営業などにより需要が停滞していた時期にあたるため、相対的に前年比が上昇した。

6月は前年に特別定額給付金の支給が開始された他、気温の高い日が続いたため、前年を大きく下回ったが、上半期合計では5月までの好調が寄与した。

製品分類別では、前年販売が大きく落ち込んでいたスマートフォンを含む電話関連製品が対前年で約3割増と全体の伸びに寄与した。テレビの買い替え需要に支えられたAV関連製品、巣ごもり消費の継続がプラスに働いた小型生活家電も前年を上回った。

下半期は前年を大きく下回る

販売形態別ではオンライン販売の伸びが継続し、上半期の販売金額では2ケタ増を維持した。この結果、上半期の家電小売市場規模におけるオンライン販売の構成比は前年同期を1%ポイント上回り20%となった。

前年の下半期はコロナ禍による巣ごもり需要、テレワーク需要の高まりから家電の需要は非常に高いレベルにあった。この結果、20年下半期の家電市場規模は2014年以降最大であったため、今年の下半期は前年を大きく下回る可能性がある。通年で見た場合も前年をやや下回るものと見ている。

八巻 潔

八巻 潔

投稿者の記事一覧

株式会社ブレインズ代表
1979年「電波新聞社」に入社。
1996年家電・IT関連の出版社「リック」に入社。
「技術営業」「IT&家電ビジネス」編集長を経てリック専務取締役。
「ヤマダ電機に負けない 弱者の戦い方」(2008年)「家電製品アドバイザー試験 早期完全マスター」(2001年~2013年)などを出版。
2014年家電業界のジャーナリスト&コンサルタントとして独立。
2016年株式会社ブレインズ設立。

関連記事

  1. 地域店が救う高齢者のオンライン難民
  2. 都市型量販は惨敗でも地域店は健闘
  3. 収束の「春」遠からじ
  4. 「部屋干し」に優れた除湿機とは
  5. 「困りごとサービス」失敗の3大要因とは
  6. シャープ「マスク」の次の一手
  7. 本格寒波で石油ファンヒーターが復活!
  8. コロナ禍の加湿器の置き方

地域店ドットコム運営元

株式会社ブレインズ

ブレインズのコンサル

地域店 コンサルティング

おすすめ記事

前代未聞の合展&バスツアー

売上目標0円、合展ではなく勉強会に1月29日、全国津々浦々から地域家電店の精鋭80以上の店…

最近の投稿

PAGE TOP