業界トレンド

Z世代とアナログレコード

Z世代とはアメリカなどで概ね1990年代中盤(または2000年代序盤)以降に生まれた世代を指しているという。物心ついた時期からツールはスマホでSNSは発信型というデジタルネイティブ世代。流行りのインスタやTikTokを操る世代である。

年齢でいえば、現在だいたい25歳以下の若手の社会人や学生を指す。そのZ世代がアナログの柔らかい音を求めているという。

新型コロナの影響で昨年は減少したが、HMVレコードショップ渋谷店のアナログレコードの売り上げは2014年のオープン以来、毎年約30%増と伸び続けている。

客層の1/3はZ世代のようで、彼らの“マイブーム”となってアナログレコードの市場拡大を支えている。

2010年、国内のレコード生産枚数は約10万枚だった。それが15年には60万枚を超え19年には約120万枚と、この10年で10倍になった。

イケア・ジャパンがZ世代をターゲットにオープンした渋谷店

アナログ人気の背景

ユーチューブや定額制音楽配信サービスの浸透により、隠れた名盤が発掘されやすくなった。デジタルに強いZ世代がそうした名盤を目ざとく発見し、市場を拡大させているのかもしれない。

加えて、音質だけでなく、聴くにせよ探すにせよ多少の手間がかかる作業に喜びを見出すZ世代の音楽ファンが増えているという指摘もある。

Z世代とアナログレコード、デジタルとアナログの融合、アフターコロナにはZ世代に向けた新しいマーケティングが誕生しそうだ。

卯月 祥

卯月 祥

投稿者の記事一覧

IT専門誌「月刊通信ジャーナル」編集長、IT専門誌「モバイルインターネット」(リックテレコム)広告部長、「季刊ママ@com」(フレーベル館)編集長、「男の隠れ家」(あいであ・らいふ)広告部長などを経てフリーランスのITライターとして独立。
IT業界を中心に、旅行、音楽、料理など幅広い業界の取材もこなす。

関連記事

  1. 3者の備えが「ニューノーマル」
  2. 外出自粛で「家電」5年連続のプラス
  3. 今、最も懸念されるコロナと併発の「巨大地震」
  4. ソロ家電の時代
  5. 地方活性化のカギを握る「第三の人口」
  6. コロナ禍で注目の洗濯機とは
  7. 迫る「総額表示」の義務化
  8. 前代未聞の合展&バスツアー

地域店ドットコム運営元

株式会社ブレインズ

ブレインズのコンサル

地域店 コンサルティング

おすすめ記事

前代未聞の合展&バスツアー

売上目標0円、合展ではなく勉強会に1月29日、全国津々浦々から地域家電店の精鋭80以上の店…

最近の投稿

PAGE TOP