業界トレンド

コロナ対策で「春夏商戦」加湿器の動きに変異

2つの異変ポイント

ダイニチ工業は8月19日、2021年4月から7月の加湿器累計出荷金額が前年同期比約130%となり過去最高となったと発表した。4月から7月の累計出荷金額としては、2003年の加湿器発売以来、過去最高の実績である。

なぜ、通常シーズンオフである「春夏」に需要が増加したのか。同社では、その理由として2つ挙げる。

一つは加湿器が「冬の季節家電」から「通年使用する家電」へ移りつつあるという点。

調査機関のマイボイスコムによると、加湿器を使う季節として「年中使う」と答えたユーザーが32%にのぼった(2021年3月、1404人)。ダイニチ工業の調査(2021年6月、927人)でも、6月時点の使用状況で「まだ、使ってる人」ユーザーの割合が10.7%となった。

新型コロナの感染症対策の他、エアコンの乾燥対策として春夏にも加湿器が使われているようだ。

2つ目は、本格的な乾燥シーズン前に早めに購入するという動き。昨年の秋冬は新型コロナの感染対策として加湿器の需要が急増し、店頭では品薄状態が続いたため、今年は早めの購入が進んでいるようだ。

ダイニチ工業の新モデル

こうした中で、ダイニチ工業は8月2日、加湿器の新モデル「RXTシリーズ」を発売した。大容量、ハイエンドクラスに搭載していた「カンタン取替えトレイカバー」をスタンダードクラスにも採用した点が大きなポイントだ。

カンタン取替えトレイカバーとは、使い捨ての新しいトレイカバー。これをトレイの上にセットすれば、トレイ本体の水垢や汚れの付着を防ぎ、水洗いの手間も省くことができる。

さらに、8月2日には外出先からも加湿器を操作できるスマートリモコン対応機能を新搭載した「LXシリーズ」を発売した。

乾燥した部屋をしっかり加湿するには時間がかかる。離れたところから加湿器を操作できれば、帰宅時には最適な湿度環境を得られる。スマート化が進んでいる最新のエアコンを念頭に入れた新機能である。

八巻 潔

八巻 潔

投稿者の記事一覧

株式会社ブレインズ代表
1979年「電波新聞社」に入社。
1996年家電・IT関連の出版社「リック」に入社。
「技術営業」「IT&家電ビジネス」編集長を経てリック専務取締役。
「ヤマダ電機に負けない 弱者の戦い方」(2008年)「家電製品アドバイザー試験 早期完全マスター」(2001年~2013年)などを出版。
2014年家電業界のジャーナリスト&コンサルタントとして独立。
2016年株式会社ブレインズ設立。

関連記事

  1. パナ、ドラム式の受注停止
  2. 外出自粛で「家電」5年連続のプラス
  3. 地方活性化のカギを握る「第三の人口」
  4. コロナ禍で最強の掃除機目指す
  5. 迫る「総額表示」の義務化
  6. 本格寒波で石油ファンヒーターが復活!
  7. コロナ禍で急増するエアコンメンテ
  8. AIの時代の義手や義肢

地域店ドットコム運営元

株式会社ブレインズ

ブレインズのコンサル

地域店 コンサルティング

おすすめ記事

前代未聞の合展&バスツアー

売上目標0円、合展ではなく勉強会に1月29日、全国津々浦々から地域家電店の精鋭80以上の店…

最近の投稿

PAGE TOP