業界トレンド

コロナ禍で最強の掃除機目指す

コロナ禍で「掃除の頻度が多くなった」など、自宅の掃除に対するユーザーの意識が大きく変化している。その変化を捉えたのが、シャープの新モデル「ラクティブエアEC-SR7」だ。

商品コンセプトは、「軽さと長時間運転の両立」。最大のポイントは新開発の大容量「高密度セルバッテリー」である。従来モデルの容量は1,730mAhだったが、新モデルでは2,500mAhへと大幅にパワーアップ。本体サイズや1.6㎏という軽さはそのままに、最長運転時間約90分というスタミナ運転を実現した。

シャープのEC-SR7

ユーザーがよく使用する「強」モードでは従来モデルよりも3分長い約15分、「自動」モードでは5分長い約35分というスタミナ運転を実現した。フル充電にかかる時間は約100分としている。

本体の軽量化に加え、運転時間を延ばすことで「もっと掃除がしたい」というコロナ禍のライフスタイルに対応した掃除機を目指したようだ。

さらに、「7セグLED」という残りの運転時間が見えるLEDを本体ハンドル部に備えているので、突然のバッテリー切れを心配せずに掃除できるのもポイント。

シャープでは「EC-SR」を「ラクティブ エア」ブランド史上最強パワーのモデルと位置付けている。実勢価格は8万8,000円前後、8月26日に発売した。

八巻 潔

八巻 潔

投稿者の記事一覧

株式会社ブレインズ代表
1979年「電波新聞社」に入社。
1996年家電・IT関連の出版社「リック」に入社。
「技術営業」「IT&家電ビジネス」編集長を経てリック専務取締役。
「ヤマダ電機に負けない 弱者の戦い方」(2008年)「家電製品アドバイザー試験 早期完全マスター」(2001年~2013年)などを出版。
2014年家電業界のジャーナリスト&コンサルタントとして独立。
2016年株式会社ブレインズ設立。

関連記事

  1. 高級レンジ市場でシャープがコト提案
  2. セコマに学ぶ真の「地域密着経営」とは
  3. 異常気象と季節家電の相関関係
  4. コロナ禍で急増するエアコンメンテ
  5. 収束の「春」遠からじ
  6. コロナ禍の賢い加湿器の使い方
  7. 家電業界、次世代住宅ポイントに活路
  8. TikTokに取り組む地域店

地域店ドットコム運営元

株式会社ブレインズ

ブレインズのコンサル

地域店 コンサルティング

おすすめ記事

前代未聞の合展&バスツアー

売上目標0円、合展ではなく勉強会に1月29日、全国津々浦々から地域家電店の精鋭80以上の店…

最近の投稿

PAGE TOP