業界トレンド

今年の花粉飛散量は増加予想、「空清」の提案は早めに

今年の花粉量は昨年に比べると西日本や東海、関東で多くなる予想だ。中でも東京都内の飛散量は去年の2.7倍、西日本では2倍以上になる地域もあるという。

2月上旬にも関東や九州、近畿や東海の一部でも飛散が開始。こうした中で注目されるのが空気清浄機。今シーズンは独自の「花粉モード」を搭載したり、「立体気流」で花粉を強力に撃退する新モデルが登場。コロナ特需の反動から市場は低迷しているが、花粉特需で反転攻勢に転じるモデルも現れそうだ。

今年は大量の飛散量が見込まれる

花粉99%カットをアピールする家電量販店の売り場

日本気象協会の「春の花粉飛散予測」によると、九州では例年並み、四国と中国、近畿、北陸ではやや多くなると予想。東海、東北では多く、関東甲信では非常に多く飛ぶ見込みだという。

一方、ウェザーニュースでも関東や東海、西日本で昨年よりも多くなるとしているものの、北日本や北陸では少なくなると予想。西日本では昨年の約1.7倍で、2倍以上の飛散量となる地域もあるという。

花粉のピークはいつ?

全国的に見ると花粉飛散量が飛びぬけて多くなりそうなのは東京都だ。東京都福祉保健局によると、都内では昨春の2.7倍、例年(過去10年平均)の2.3倍程度となる見込みを明らかにしている。

これは都が観測を始めた1985年以来、過去4番目の多さ。花粉の量が多い日数は各地の平均で51日と、過去10年の平均の33日より18日増える見通しだ。

では花粉飛散のピークはいつか。日本気象協会ではスギ花粉飛散のピークは、福岡で2月下旬から3月上旬、高松や広島、大阪、名古屋では3月上旬から中旬と予想。金沢、東京、仙台では3月上旬から下旬としている。

今年は大量飛散が見込まれるところが多いため、ピークの時期も長くなる可能性があるという。

スギ花粉のピークが終わる頃になるとヒノキ花粉が飛び始め、その後ヒノキ花粉のピークが始まる。

福岡や広島では3月下旬から4月上旬、高松では3月下旬から4月中旬の見込み。大阪と名古屋は4月上旬から中旬、東京では4月上旬から下旬にかけてヒノキ花粉の飛散のピークを迎えると予想している。

八巻 潔

八巻 潔

投稿者の記事一覧

株式会社ブレインズ代表
1979年「電波新聞社」に入社。
1996年家電・IT関連の出版社「リック」に入社。
「技術営業」「IT&家電ビジネス」編集長を経てリック専務取締役。
「ヤマダ電機に負けない 弱者の戦い方」(2008年)「家電製品アドバイザー試験 早期完全マスター」(2001年~2013年)などを出版。
2014年家電業界のジャーナリスト&コンサルタントとして独立。
2016年株式会社ブレインズ設立。

関連記事

  1. 気象災害と「蓄電池」
  2. 地域店が救う高齢者のオンライン難民
  3. コロナ禍で人気の調理メニューとは
  4. 地方活性化のカギを握る「第三の人口」
  5. AIの時代の義手や義肢
  6. コロナ禍で注目の洗濯機とは
  7. コロナ禍で新「ビジネス」始動
  8. ネット時代の地域店の「生き残り策」探る

地域店ドットコム運営元

株式会社ブレインズ

ブレインズのコンサル

地域店 コンサルティング

おすすめ記事

前代未聞の合展&バスツアー

売上目標0円、合展ではなく勉強会に1月29日、全国津々浦々から地域家電店の精鋭80以上の店…

最近の投稿

PAGE TOP