業界トレンド

シャープ「マスク」の次の一手

通算1億枚突破したマスク

シャープがマスク販売を開始したのは4月21日。11月6日には通算1億枚(200万箱)を突破した。わずか半年余りで売り上げ約80億円の新規事業を育てた。

今春、シャープの公式ツイッターにあげられたコメント。「家電メーカーのシャープ、107年の歴史で最大のヒット商品がマスクになってしまいそうな感じ、複雑な気持ち。」が現実になった。

マスクの次なる一手は何だろう。同じヘルスケア商品の「フェースシールド」だ。家電メーカーが非家電事業に参入したといっても驚くことはない。液晶パネル開発で培った技術を応用し、シールドには低反射で曇りにくい「モスアイ構造」を採用した。

表面に細かな凹凸処理を施すことで、表面の反射率を低減したのがモスアイ構造。日光や照明の反射に視界を遮られることはなく、新開発のアクリル系樹脂の採用で湿度の高い環境下での曇り防止に効果を発揮する。

鯖江産のチタンフレームを採用

フェイスシールドに最適なモスアイ技術(写真右側)

眼鏡産業で有名な鯖江産の軽量チタンフレームを採用しているのも大きなポイント。長時間でも快適に装着できる他、フィルム表面は傷の付きにくい加工を施しており、1枚のフィルムを長期間使用できるという。

11月9日にはポリカーボネートのフェイスシールド(税込1,980円)、11月27日には鯖江製チタンフレームのアイシールド(同7,480円)、11月30日にも同フレームのフェイスシールド(同8,980円)、12月7日にも同フレームのマウスシールド(同5,980円)を発売する。

ターゲットは企業の受付や飲食店の接客業務、医療現場などのBtoBだが、一般ユーザー対象のBtoCも視野に入れている。

販売目標は年間3万個。マスク同様、シャープのEコマース「COCORO STORE)で販売。二匹目のどじょうを狙う。

八巻 潔

八巻 潔

投稿者の記事一覧

株式会社ブレインズ代表
1979年「電波新聞社」に入社。
1996年家電・IT関連の出版社「リック」に入社。
「技術営業」「IT&家電ビジネス」編集長を経てリック専務取締役。
「ヤマダ電機に負けない 弱者の戦い方」(2008年)「家電製品アドバイザー試験 早期完全マスター」(2001年~2013年)などを出版。
2014年家電業界のジャーナリスト&コンサルタントとして独立。
2016年株式会社ブレインズ設立。

関連記事

  1. 外出自粛で「家電」5年連続のプラス
  2. テレワークの落とし穴
  3. 本格寒波で石油ファンヒーターが復活!
  4. 薄型テレビ「販促手法」に変化
  5. 「家電とパン」の融合ショップ
  6. グリーン住宅ポイントが本格スタート
  7. コロナ禍で急伸の意外な商品とは
  8. 3者の備えが「ニューノーマル」

地域店ドットコム運営元

株式会社ブレインズ

ブレインズのコンサル

地域店 コンサルティング

おすすめ記事

前代未聞の合展&バスツアー

売上目標0円、合展ではなく勉強会に1月29日、全国津々浦々から地域家電店の精鋭80以上の店…

最近の投稿

PAGE TOP