Uncategorized

外出自粛で「家電」5年連続のプラス

コロナ禍の外出自粛が家電の巣ごもり消費を後押しした。日本電機工業会が1月25日発表した2020年の国内出荷額は前年比101%増の2兆5,363億円となり、民生用電気機器全体では5年連続のプラスとなった。

中でも好調だったのは家事家電と調理家電。家事家電の代表格は前年比102%の1,949億4,700万円となった洗濯乾燥機。掃除機も同103.1%の963億9,900万円と好調に推移。数量ベースでも同107.7%の471万6,000台となり、7年ぶりのプラスとなった。

調理家電の代表格は前年比140.6%の106億3,300万円となったホットプレート。トースターも同118.8%の138億6,900万円となった。ちなみに、エアコンは台数ベースで過去最高の986万9,000台(前年比100.6%)だった。

エアコンは1,000万台に迫る勢い

家事ストレスを解消したい

シャープがコロナ禍で調査したオンラインアンケート「家事のストレス」(2020年4月、約6,800サンプル)によると、ストレスが「増えた」が14.5%、「やや増えた」の23.4%を加えると約4割(37.9%)にのぼった。

「家事のストレスを解消するために購入したい家電」の調査では、トップは「調理家電」(33.5%)、次いで「掃除機」(30.2%)、「洗濯機」(25.4%)、「冷蔵庫」(21.3%)、「オーブンレンジ」(20.3%)、「食器洗い乾燥機」(19.7%)などの順となった。いずれもコロナ禍の2020年商戦で堅調に推移したカテゴリーである。

八巻 潔

八巻 潔

投稿者の記事一覧

株式会社ブレインズ代表
1979年「電波新聞社」に入社。
1996年家電・IT関連の出版社「リック」に入社。
「技術営業」「IT&家電ビジネス」編集長を経てリック専務取締役。
「ヤマダ電機に負けない 弱者の戦い方」(2008年)「家電製品アドバイザー試験 早期完全マスター」(2001年~2013年)などを出版。
2014年家電業界のジャーナリスト&コンサルタントとして独立。
2016年株式会社ブレインズ設立。

関連記事

  1. AIの時代の義手や義肢
  2. コロナ禍で最強の掃除機目指す
  3. パナ、ドラム式の受注停止
  4. ソロ家電の時代
  5. グリーン住宅ポイントが本格スタート
  6. 4月は新築物件、世帯消費支出とも最悪
  7. コロナ禍で人気の調理メニューとは
  8. 「困りごとサービス」失敗の3大要因とは

地域店ドットコム運営元

株式会社ブレインズ

ブレインズのコンサル

地域店 コンサルティング

おすすめ記事

前代未聞の合展&バスツアー

売上目標0円、合展ではなく勉強会に1月29日、全国津々浦々から地域家電店の精鋭80以上の店…

最近の投稿

PAGE TOP