業界トレンド

本格寒波で石油ファンヒーターが復活!

本格的な寒波到来で昨年12月から石油ファンヒーターの売れ行きが急上昇している。GfKジャパンによると、昨年11月の石油ファンヒーターの実績(金額ベース)は前年同月比86.8%だったが12月は同146.2%と急伸。直近の12月28日〜1月3日の1週間でも前年同週比154.4%と猛烈な勢いで伸びている。

石油ファンヒーター大手のダイニチ工業(新潟市)では、昨年12月第3週の出荷台数は前年同週比約230%、第4週の出荷台数は前年同週比約340%となった。

優れた速暖性と高い暖房能力が石油ファンヒーターの大きな特徴。ここ数年、エアコン暖房に押され気味の石油ファンヒーターだったが、寒波に強い暖房機の持ち味を改めて見せつけた。

世界的な大寒波の予測も

寒波で暖房機需要が高伸

今年の冬はラニーニャ現象の影響で、日本だけでなく、世界的にも大寒波に見舞われ大雪になる可能性があるといわれている。日本では1月に、北日本から西日本にかけて日本海側を中心に大雪や大荒れとなり、平地でも大雪となるおそれが懸念されている。

気象庁の3カ月予報によると、1月の気温は北日本で低い確率60%、東・西日本で低い確率50%。2月の気温は、北日本で平年並または高い確率ともに40%と発表している。

なお、ダイニチ工業では、寒波に伴う石油ファンヒーターの需要増に即応できる生産・出荷体制を整備。1月以降も受注に合わせて生産計画を変更するなど、柔軟な体制で機器の生産・出荷を行うという。

八巻 潔

八巻 潔

投稿者の記事一覧

株式会社ブレインズ代表
1979年「電波新聞社」に入社。
1996年家電・IT関連の出版社「リック」に入社。
「技術営業」「IT&家電ビジネス」編集長を経てリック専務取締役。
「ヤマダ電機に負けない 弱者の戦い方」(2008年)「家電製品アドバイザー試験 早期完全マスター」(2001年~2013年)などを出版。
2014年家電業界のジャーナリスト&コンサルタントとして独立。
2016年株式会社ブレインズ設立。

関連記事

  1. 薄型テレビ「販促手法」に変化
  2. テレワークの落とし穴
  3. 地方活性化のカギを握る「第三の人口」
  4. セコマに学ぶ真の「地域密着経営」とは
  5. TikTokに取り組む地域店
  6. 3者の備えが「ニューノーマル」
  7. 都市型量販は惨敗でも地域店は健闘
  8. コロナ禍で急伸の意外な商品とは

地域店ドットコム運営元

株式会社ブレインズ

ブレインズのコンサル

地域店 コンサルティング

おすすめ記事

前代未聞の合展&バスツアー

売上目標0円、合展ではなく勉強会に1月29日、全国津々浦々から地域家電店の精鋭80以上の店…

最近の投稿

PAGE TOP