業界トレンド

パナが極上ブランド米をより美味しく

新型コロナの感染拡大で外出自粛や在宅勤務などが進み、2020年1月以降、「巣ごもり」に伴う内食のコメ需要は増えている。

農林水産省がまとめた「米国販売事業者のコメ販売数量の動向」によれば、昨年は5月を除いて前年実績を上回っており、今年2021年3月も19年3月に比べ4.2%増えた。内食の米需要が堅調に推移している背景には、全国各地でおいしい「ブランド米」が増えてきたこともある。

有名ブランド米の売れ行きは好調

ブランド米に最適な炊き方

パナソニックは6月1日、満を持してIHジャー炊飯器の新モデルSR-VSX1シリーズを発売した。実勢価格はSR-VSX101(5.5合)11万円前後、SR-VSX181(1升)11.3万円前後である。

注目を集めているのが、全国63種類の「ブランド米」の「銘柄炊き分け」機能だ。新潟や宮城など全国の米どころが推奨した「炊飯プログラム」で、火力、圧力、高温スチームが最適な組み合わせに制御して炊き上げる。

ポイントは独自のセンシング技術と全国の米どころが推奨した炊飯プログラムだ。例えば、魚沼産コシヒカリ。雑味が少なく甘みが際立ったみずみずしさが特徴だ。その味を生かすため、圧力を使わずお米自身の水分を活かす炊き方を行う。前炊き時間は「長め」、前炊き温度は「低め」、圧力「なし」、スチーム「なし」、炊飯時間「60分」としている。

低い温度の吸水により雑味を出させず、すっきりとした持ち味を活かす。スチーム・圧力はなしでやわらかさを際立たせると、みずみずしいごはんに炊き上げられるという。

パナソニックのSR-VSX1シリーズ

銘柄米がもつおいしさを引き出すために、パナソニックはコメの特徴を研究する炊飯科学のプロの集団「ライスレディ」を編成した。全国のお米の開発者とタッグを組み、銘柄米に合った炊き方を追求している。

その炊き上がりは全国24道県の米づくりのプロがおいしいと認めており、銘柄米炊き分け機能は63銘柄に対応している。

しかし、同じ銘柄でも、その年の気象状況によって味わいは変化する。パナソニックは毎日の食事メニューの更新や1週間の献立表示、食材からレシピ検索などを行う「キッチンポケットアプリ」を利用して課題解決を図る。

新モデルはキッチンポケットアプリと連携し、その年のお米の出来栄えに応じて炊き方を更新したり、銘柄を追加する。炊飯ジャー購入後もコメの美味しさをアップデートできるというわけだ。

八巻 潔

八巻 潔

投稿者の記事一覧

株式会社ブレインズ代表
1979年「電波新聞社」に入社。
1996年家電・IT関連の出版社「リック」に入社。
「技術営業」「IT&家電ビジネス」編集長を経てリック専務取締役。
「ヤマダ電機に負けない 弱者の戦い方」(2008年)「家電製品アドバイザー試験 早期完全マスター」(2001年~2013年)などを出版。
2014年家電業界のジャーナリスト&コンサルタントとして独立。
2016年株式会社ブレインズ設立。

関連記事

  1. 「新型コロナウイルス検定」で安心と笑顔を
  2. 前半戦の家電市場「晴」、後半戦は「曇り」
  3. 地域店が救う高齢者のオンライン難民
  4. コロナ禍の賢い加湿器の使い方
  5. 2025年問題と「階段リフト」
  6. 薄型テレビ「販促手法」に変化
  7. コロナ禍で新「ビジネス」始動
  8. セコマに学ぶ真の「地域密着経営」とは

地域店ドットコム運営元

株式会社ブレインズ

ブレインズのコンサル

地域店 コンサルティング

おすすめ記事

前代未聞の合展&バスツアー

売上目標0円、合展ではなく勉強会に1月29日、全国津々浦々から地域家電店の精鋭80以上の店…

最近の投稿

PAGE TOP