IoT家電

連載「IoT」家電集中講座⑦ IoT家電の普及を促す5G

IoTによる家電の進化において、AIとともに大きな推進力となるのが第5世代移動通信システム、いわゆる「5G」です。

動画などの大きなデータを「高速大容量」で通信でき、しかも遠距離通信でもずれが生じにくい「高信頼性」「低遅延」、さらには1平方キロあたり100万以上の機器を同時接続できる「多接続」という特徴があります。

4K・8Kのような高精細な動画もストリーミング再生(ダウンロードせずに、インターネット接続でほぼリアルタイムに再生)ができるのも大きな特徴です。

多接続でIoT家電が身近に

IoT家電でいえば、「多接続」が大きな武器になります。身の回りのありとあらゆるアイテムがワイヤレスでネットワークに繋がる。同時に多くの端末を接続できることから、機器のIoT化が一気に進むと予測されています。

AIスピーカーなどによって、家電製品を操作することができますが、端末自体が直接ネットワークに繋がれているわけではありません。Wi-FiやBluetoothなどの機器を経由しているため、多くの端末の同時接続はできないのです。

5Gによって家電同士のネットワーク化が急速に進む

5Gでは1㎢あたり100万台以上のデバイスの同時接続が可能です。これらの機器が直接ネットワークに繋がり、ストレスなく使えるようになります。

5Gの弱点とは

一方、5Gの普及によって、現在使っている光回線やWi-Fiなどが不要になるのでは?という懸念が出ています。でも、今後5Gが全国に行き渡ったとしても、光回線やWi-Fiの必要性は当面変わることはないでしょう。

というのも、5Gは高い周波数帯(ミリ波)を利用します。5Gは高速で大量の情報をやり取りには優れていますが、電波の直進性が強く建物などの遮蔽物には弱い。建物の中の家電などは、従来のように光回線とWi-Fiを組み合わせて利用することになるでしょう。

課題は5Gに対応するエリアの広がり。電波が届く範囲が狭いので、5Gが4Gと同等の通信エリアを確保するには、より多くの基地局数が必要です。

5Gが普及するには、携帯電話料金の値下げだけでなく、携帯各社とも基地局の整備を急ぎ、対応エリアを拡大することが当面の課題となります。

川添 聡志

川添 聡志

投稿者の記事一覧

2004年家電・IT関連の出版社「リック」に入社。
「IT&家電ビジネス」編集長。
家電量販企業の店長研修やメーカー研修、機関投資家向けセミナーなどの講師としても活動。
2013年大手家電量販企業に入社。
営業企画部、経営企画部、プロジェクトチームのリーダーも兼務。
2018年家電コンサルティング&ライターとして独立。

関連記事

  1. 連載「IoT家電」集中講座
  2. 【第4回】IoT家電の基本のき
  3. 【第2回】IoT家電の基本のき
  4. 連載「IoT家電」集中講座② 家電の使い方が変わる
  5. コロナ禍で注目のエアコン機能
  6. 連載「IoT家電」集中講座⑤ IoTを支える技術(2)
  7. 連載「IoT」家電集中講座⑥ 情報の入力を支えるセンサー技術 (…
  8. 連載「IoT家電」集中講座① IoTで大きく進化する家電

地域店ドットコム運営元

株式会社ブレインズ

ブレインズのコンサル

地域店 コンサルティング

おすすめ記事

前代未聞の合展&バスツアー

売上目標0円、合展ではなく勉強会に1月29日、全国津々浦々から地域家電店の精鋭80以上の店…

最近の投稿

PAGE TOP